リーゼ錠の服用方法

リーゼ錠について

リーゼは、ベンゾジアゼピン受容体に作用して、緊張や不安を和らげて行く効果のある薬です。難しい話は、さておき。一般的には、不安、緊張、うつ病、睡眠障害、精神的な部分から起こる疾患、自律神経失調症、めまいなどの改善に使われています。リーゼ錠は多くの場合、心の病に処方されます。

 

リーゼ錠の副作用として、ふらつきや、倦怠感、眠気などが出てきます。依存症の初期症状として、薬がどうしても欲しくなったり、けれんや、不安、不眠が出てきます。依存症が出てきた場合には注意が必要です。肝機能障害や、黄疸の初期症状として、全身の倦怠感や、白目が黄色くなったり、食欲不振が出てくることがあります。この場合に医師に相談してください。リーゼ錠を利用していると離脱症状が出てくることがあります。この場合は効果の弱い薬などを利用しながら徐々に薬をなくしていくと良いでしょう。薬の減量や服用の中止は、医師に相談しながら、行ってください。精神安定剤は、自己判断で服用したり中止したりしてはいけません。

 

リーゼ 薬を使わない鬱病の改善法はこちら


体力系アルバイト

アモキサン 効果・副作用・離脱症状