セレネース錠ってどう?

セレネース錠の副作用について

セレネースは、脳にあるドーパミンと呼ばれる神経伝達物質の受容体を遮断することで、過剰な活動をしないように抑制していく薬です。気分を落ちつかせる作用がありますので、強い不安症や、緊張感、躁状態、混乱している状態を鎮めていく効果があります。思考や感情のコントロールが出来なくなっている人や、幻聴や幻覚の症状が出ている人、妄想が生じてしまう人にも効果があると聞いています。

 

そして、セレネースの副作用として、体のこわばりや、つっぱり、手の振るえなどの症状が起きることがあります。この症状は予防薬で対処することが可能です。口の渇きや、立ちくらみ、動悸などの症状が出ることもあります。長期間の服用があると、口の周囲がけいれんを起こすなどの症状が出ることがあります。これが続いていしまうと治りにくい後発性ジスキネジアを引き起こすことがあります。手足のしびれやけいれん、地下柄はいらない、歩行困難、目の障害などの症状が出てきた場合には重篤な副作用が出る初期症状と言われています。


体力系アルバイト

アモキサン 効果・副作用・離脱症状